会発行の子育て支援冊子販売

子育てサロンや子育てフリースペースを作りたい人のための運営ノウハウや、

子育て支援に関する資料をお分けしています。


 ご注文方法

 

ご希望の方はお問い合わせより下記の内容をご記入の上、メールでお申し込みください。

お申込後、送料を含めた振込金額の確認のため、受注返信メールを送付いたします。

 ※ご注文メール送信後、数日経っても受注返信メールが届かない場合は、恐れ入りますがお電話にてご連絡をお願いいたします。

1、お名前

2、メールアドレス

3、住所

4、電話番号

5、お申し込み内容・・・希望の冊子名と必要冊数

6、領収書の有無・・・必要な方は、ご入金確認後に同封し発送します。領収書不要の方は、請求書同封で発送いたします。

 

お支払いはゆうちょ銀行への振り込みとなります。

受注返信メールで振込金額を確認後にご入金下さい。

■振込先■

ゆうちょ銀行(記号)12380-(番号)55503001 (口座名)浜松の未来を育てる会

(他行からの場合)

ゆうちょ銀行(支店名)二三八=ニサンハチ

 

普通 5550300 (口座名)浜松の未来を育てる会

■送料■

発送は郵便局のレターパックA4版3㎝厚さまで、360円で承ります。それ以上の厚さになりますと重さ4kgまで510円となります。

大量注文の場合は宅急便扱いとなり送料も変わります。

※送料を含めた振り込み金額の詳細は注文の冊子の種類や数により異なりますので、必ず受注返信メールにてご確認ください。


ひだまり通信 子どもが育つ環境としてのまち

 

「ひだまり通信1・2」は、文字も絵も手書き、わずか30ページほどの手作り小冊子です。育児書やネットでは見つからない、本当に知りたかった子育てのあれこれがわかるとお母さんだけでなく、全国の保育士や保健師さんにも大好評で、乳児健診の配布資料に、また保育園だよりなどに抜粋されたりもしています

 

この「ひだまり通信」の子育てコラムを集めて、エッセイ「ひだまり通信・こどもが育つ環境としてのまち」として冊子にまとめました。

  

「ひだまり通信3」より、福岡で月に一度の子育てサロンから立ち上げていたころの、しーちゃんこと高山静子先生や仲間の、熱くてあったかい思いが詰まったエッセイのうち、2001年版の16編を取り上げました。

 

                  時間や場所を超えても少しも色あせることがないのにはビックリ!

 

                  「子育てひろばを自分たちで運営するってどういうこと?」

                  「ワタシの子育て、これでいいの?」

                  という疑問に答え、元気をくれる内容です

 

                  かわいいイラストと装丁を、(絵同様にかわいらしい)若きデザイ

                  ナー・桑田亜由子さんが担当してくれました。

                   「子連れおでかけのヒント集」つきです。

 

 

                   ¥500(税込) B5版 単色 


みんなハッピーになる託児のコツ★


ボランティアのための託児入門

 

子育て支援、特に「託児」に興味をお持ちの方におすすめの冊子です。

子どもの命と保護者の信頼を預かる「託児」は、とても奥深いボランティアです。

こどもの世話なんてだれでもできる???
そう思った方にこそまず読んでいただきたい1冊です。

 


地域の子育て力を高め、「託児」でみんながハッピーになるように・・・
「子育て支援 ひだまり通信」の高山静子先生の文章を、若きデザイナー桑田亜由子さんがとてもわかりやすく親しみやすい本にデ
ザインした、今までにない本です。

 

実践者の経験をもとに、託児室の準備から受け入れ、遊びの援助、泣きやまない子どもの対処などの基礎知識や「心構え」をはじめ、託児ボランティアが陥りやすい間違いやトラブルを防ぐために「託児の禁じ手」「利用者の声~こんな託児は嫌だ」等の項目で、わかりやすく紹介しています。

       ¥650(税込)B5版 白黒


★子育て支援おすすめ本★

ここみ広場は、ここから生まれました。

子育てのギモンが安心に変わる、高山静子先生の名著


子育て支援 ひだまり通信

(チャイルド本社刊)

 

しーちゃんこと高山静子先生の「ひだまり通信」が、「子育て支援 ひだまり通信」としてチャイルド本社から発売されました。

 「私の書いた推定年齢4歳といわれていたイラストが、イラストレーター藤原ヒロコさんの手によって、こんなイラストに変身しました」と高山先生。

この本のすごいところは、コピーフリーのため、園の通信などにも自由に利用できること!                   

悩みや疑問がすーっととける「生きた知恵」が広まって、みんなの子育てがもっともっと楽しくなりますように。

 

                       ¥1,800(税込)  変型判 カラー

全国の書店、amazon等でご購入下さい

子育てひろば運営の知恵がいっぱい!

 

~地域力を高める循環型

              ひろば作りハンドブック~

親子が変わる子育て空間

 

親子が育ち、地域が育つヒミツ、教えます!

 

 

子育てには、「時間」「空間」「仲間」の3つの「間」が必要と言われます。

 

赤ちゃんをゆったり見守れる場所があって、仲間がいれば子育てはうんと楽に、楽しくなると思いませんか?

 

子育てひろばは、「こんな場所が欲しい」という全国の親たちの自主活動から生まれ、厚労省地域子育て支援拠点事業「ひろば型」という国の制度になり、全国各地で、市民が子育て支援を担う多様な活動に発展しています。

 

「ひろば」は、保育園を拠点にした「センター型(地域子育て支援センター)」等と違ってスタッフは保育士等の有資格者に限らず、場所も、公共施設や地域の空きスペースや民家だったりして、地域の親子が自由に主体的に過ごせる、フラットな場が特徴です。

 

 

「人間が都市で快適に暮らすには、家、職場に次ぐ第3 の場所(サード・プレイス)が必要」と言ったのは米国の社会学者オールデンバーグ。この「サード・プレイス」の概念を生かして大成功したのが、スターバックス・コーヒーだといいます。

 

本当のサードプレイスは、日本で言うと縁側、井戸端、銭湯などが近いそうですが、今はまちのどこにもありません。

 

第3どころか、第2の場所もない未就園の親子にこそ、居心地のいい居場所=ひろばが必要ですよね。そんなひろばづくりに必要な「ノンプログラム」「空間」「遊具」スタッフ」「運営」の5要素を中心にまとめました。

 

                                               ¥1,000(税込)A4版カラー (入荷しました)